相席屋に行くすべての男子が知って置くべき5つの事

すでに行った事がある人もこれから初めて行こうとしている人も、これだけは知っておくべきというポイントを5つまとめてみた。すべて自分の実体験から書いているので、多分参考になるはず。


行く30分前には予約の連絡をしておくべし

これはもう必須レベル。相席屋に男性がすんなり入れない度は軽く90%を超える。実戦上、少しも待たずに相席になった経験が一度もない。(最短で15分くらい??)

基本的に相席屋は電話予約が可能なので、事前に電話連絡を入れておくと心持ちがかなり変わる。

金曜日などで電話予約が出来ない場合は、店まで行けば予約可能なはず。電話番号を伝えておけば、相席可能なタイミングで電話してくれるのでそれまでは近くで飲んで待ってると良い。


一期一会の出会いを大切に

予め店員さんに好みを伝える事が出来る、、かも。
こればかりは、出来ないと思ってもらったほうが良いかもしれないが、「同じくらいの年の人で!」「ギャル系の人で!」などと希望を聞いて貰える事があった。

自分達がいった時は、タイミング的に自分たちの後ろにも待ちの男の人がいて、女性のお客さんがどんどん入って来たタイミングだからやってくれたのかも。

やっぱりどうせ金かけていくので、聞いてみる価値ありですね。


チェンジが出来るかも?

店や混雑状況によってかなり変わる部分ですが、チェンジも不可能ではない。どうせ同じ人に会う事はないのだから、自分の好みとかけ離れていた場合は、店員さんに伝えてみよう。

もちろん女の子の前で伝える必要はなく、トイレや飲み物を取りに行くふりをしてコッソリ耳打ちすればOK。

ダメだった場合は、素直に諦めて次の機会に期待しよう。


時間の目安や合図を決めておく

月並みな感じだけど、これ本当に大切。自動延長なので、話が盛り上がり過ぎると会計がひどい事になる事がある。(というかしょっちゅうやるんだ。。)

経験上、1時間以上の長居は不要。連絡先を交換するなり、店を変えて飲むなり、うまくやってみよう。


相席屋がダメだった時の流れを決めておく

やっぱり相席屋に期待しすぎるのもよくない。入れなかった時、入れたけど好みじゃなかった時。テンション下がって帰るのもなんだかシャク。

自分達はダメだった時の事を考えて、何個かリスクヘッジしている。一個は相席屋〜相席屋にハシゴできるところに行く事。条件的には結構厳しいけど、大宮店とかはかなり良い感じ。

それからHUBに行く事も多い。まあ反省会兼ねてって感じかな。


まとめ

お持ち帰り出来た!とか出来なかった!とかそうゆうのも大事だけど、結局その部分はお互いのフィーリングとかで決まるわけで。

今回は事実的に出来る事を紹介してみました。これはテクニックとかじゃなくて知っているとちょっとだけ相席屋を快適に過ごせると思う。

広告

投稿者: maasaataa

どこにでもいる普通のサラリーマンです。関東に住んでいます。 サラリーマンだけどブログ初めてみました。 ひよっこですが、いろんなことを記事にしていきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中